ソフトなカポックより丈夫なジャスミンが室内にベスト

7月に100均店舗で購入のカポック、一部葉の色がぽつぽつと茶色の状態、まずまずと思ったけれど萎みそうです。カポックはシェフレラ・ホンコンカポックが名称で、室内用のグリーンによいみたいですが、インターネットで購入しても持たなかった観葉植物。100均のカポックは同じ店舗で購入のシルク・ジャスミンと並べてあり、両方を眺めると丈夫とか気質の差を感じます。カポックは増し土をしてからまあまあでしたが、8月下旬は下降気味、比較して同じサイズのシルク・ジャスミンは新芽が芽吹いています。観葉植物の夏植え替えはどうかというものですが、シルク・ジャスミンは用土の水捌けが最良で元気をしっかりキープしています。この点を考慮すれば、4月からあれこれ購入しても長持ちしないカポックよりシルク・ジャスミン、購入してから月単位で萎むのはもったいないし、気持ちのよいものではありませんから。秋から冬すごしながら持つかどうかは未知数ですが、鉢のサイズが小さいので寒さ除けを考えやすい植物。横が3.5センチ、縦4.5センチくらいのスモールサイズ、小ぶりな段ボール箱で充分冬越えできるかなと思います。白い花が咲いたら気分アップ、価格は108円の安値でもよい買い物という商品です。http://www.tektro.biz/

店の機能や社会的責務についての学習をした

企業の義務について実習しました。企業は、稼ぎパーセントを決めることを目的として苦しい戦争を展開します。こういう過程で新しい商品が開発され、技法開発や管理アシストが進み、景気のサクセスが達成されます。そういった発達をシュンペーターはリストラクション(技法革新)とよんだそうです。貸し出しパーセントを高額廃棄物を出さない(一・エミッション)など、風土保護に注意をはらうことも求められています。一・エミッションは再利用して行く細工編制のことです。企業のスタートが、どんどん良し巡回機種世間を割り出すのです。1996年齢には、環境に配慮しておることを描き出すISO(インターナショナル収拾役所)の認証がおこなわれ、事実上の統一スペックとなったそうです。ISOとは、インターナショナル期間のカタチ・サービスの配送を促進させるためのインターナショナルスタンダードスペックのことだそうです。企業は、売買を円滑に積み重ねるために、ISOの持続をめざしている。このことを勉強して、一・エミッションなど知らない言葉ばかりが出てきたので勉強して良かったです。ミュゼ デリケートゾーン